芸能界のための会計事務所。土日対応。一般財団法人芸能文化会計財団/山田真哉税理士事務所

個人情報保護について

個人情報保護について

芸能文化会計財団は、個人情報保護の重要性に鑑み、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令を遵守して、個人情報を適正に扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

1. 個人情報の取得、利用目的
個人情報は、業務上必要な範囲で、公正な手段により取得いたします。取得した個人情報は当該業務以外の目的では利用しません。
2. 個人情報の安全管理措置
個人情報の漏洩や紛失の防止、安全管理体制の整備など充分なセキュリティ対策を講じています。
3. 個人情報の第三者への提供
法令に基づく場合または生命に関わるなど本人の同意を得ることが困難である場合を除き、ご本人の同意なく第三者にいかなる個人情報も提供しません。
4. 個人情報の開示、訂正、利用停止、お問い合わせについて
個人情報保護法に基づく個人情報の開示、訂正、利用停止などに関するご請求については、お問い合わせよりご連絡ください。

守秘義務について

税理士および税理士事務所で働く従業員には、税理士法第38条、第54条で秘密を守る義務が定められております。 お客様からお聞きした相談、依頼内容や拝見した各種資料の内容はもちろんのこと、お問合せ内容も第三者に漏らすことはありません。安心してご相談、お問合せ下さい。

(秘密を守る義務)
第三十八条 税理士は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た秘密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士でなくなった後においても、また同様とする。
(税理士の使用人等の秘密を守る義務)
第五十四条 税理士又は税理士法人の使用人その他の従業者は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た秘密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士又は税理士法人の使用人その他の従業者でなくなった後においても、また同様とする。

このページの先頭へ